結婚式で絶対使ってはいけない「重ね言葉」「忌み言葉」と余興の工夫

結婚式では重ね言葉を使ってはいけない事だけ注意していれば余興は場を盛り上げ、楽しむ物であれば良いと思います。重ね言葉とは「重ね重ね~度々~色々~」等です。忌み言葉と言う暗い言葉や別れるとか帰るとかは結婚式に不向きなのは誰でも分かると思うので、重ね言葉は気を付けないと難しいかなと思います。

新郎新婦の性格に合わせて余興も真面目寄り(歌を歌うくらい)から、やんちゃ寄り(会場大爆笑系)まで色々あるとは思います。

結婚式で歌われる歌を挙げると『いい日旅立ち』は結婚式でとても歌われがちですが、年配の親戚や上司に『あぁ~日本のどこかに~私を待ってる人がいるうぅ~♪』と熱唱されると「いやいや、もう隣に居りますし…」と何だかなと言う気分になります。

ありがちに結婚式なのだからこの歌だ!と歌うのではなく、新郎新婦の好きな歌をリサーチして歌うと言うのが一番の餞なのではと思います。

余興もイベント系なら新郎新婦と密に計画を寝る方法もあります。
親戚が少なく友達が多数を占める結婚式の場合や、出席者を楽しませたいと考える新郎新婦の場合は余興の時間は楽しい遊びの時間にしても良いですし(皆んな絶対当たるビンゴ大会で、景品は値段が均等な別々の品物で、それが引き出物になっているとか)凝れるとこまで凝れば満足行く2人の結婚式にはなります。

余興を頼める相手がいないなら、新郎新婦が歌ってしまったり、先程述べたようにイベントを企画してしまって、司会役だけ式場スタッフに依頼すればOKです。上手く場を盛り上げて楽しませてくれます。

その場合は式場スタッフに相談して決めると良いと思います。
多くの結婚式での経験から良いアドバイスをくれるはずなので、自分達に合ったやり方が見つかるはずです。
不安な事や準備不足な部分は特に相談しましょう。きっと力を貸してくれます。

結婚式の準備は思いの外大変で、余興の準備まで気が回らないかもしれません。ですので、余興好きの親戚や友人や上司がいれば日頃から連絡を取り、お願いしておくといざ結婚という段階で慌てる事が無いかと思います。結婚式程人との繋がりを意識する場は無いのではないでしょうか。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>